なぜシミになるのか

なぜシミになるのか
Cause Dark spots

メラニン色素の沈着とターンオーバー

メラニンにより肌の色が黒くなったり、シミをつくる原因だと思っている方がとても多いのですが、メラニンとは表皮にあるタンパク質の色素のことです。紫外線により色素細胞(メラノサイト)が刺激されるとチロシナーゼという酵素によってメラニン色素が作られます。メラニンは紫外線を吸収し、褐色(茶色)に変化します。メラニンの役目は、シミをつくる恐れのある紫外線から細胞核を守るための、壁になることです。正常な肌であれば褐色化したメラニンは肌のターンオーバーによって、肌表面に押し出され、角質になって剥がれ落ちていきます。

メラニン色素の生成
メラニンの排出
シミの原因
  • 表皮が紫外線を浴びると、メラノサイトに信号が送られ、メラニン色素が生成されます。このメラニンはケラチノサイトの中にとどまって、紫外線から肌細胞を守る働きをします。
  • ケラチノサイトは表皮の一番下から分裂し、約28日かけて徐々に肌表面に押し出され、最後は角質となってはがれ落ちます。これがターンオーバーです。ターンオーバーとともにケラチノサイトの中にとどまっていたメラニンも排出されるため、通常の日焼けであれば約1ヶ月後には元の肌に戻ります。
  • 何らかの原因でターンオーバーサイクルが乱れ、メラニンの生成が排出のペースを上回ると、大量のメラニンが肌に滞留することになります。このように、ターンオーバーが間に合わず肌に残ってしまったメラニンが、シミとなってしまいます。

正常な肌のターンオーバーのバランスが崩れると褐色化したメラニンが肌に滞留し、シミの原因となります。

シミができる原因

原因紫外線

紫外線

シミができる原因で最も多いのが紫外線です。紫外線が肌に当たると、メラニン色素が作り出され紫外線を吸収し褐色に変化します。

肌のターンオーバーで褐色化したメラニン色素は剥がれて無くなりますが、過剰にメラニン色素が作り出されたり、肌のターンオーバーが正常におこなわれなかったりすると、褐色化したメラニン色素が肌に残り、シミとなってしまいます。

原因色素沈着

色素沈着

同じ部位を掻いてしまう方、下着で擦れる、締め付けられるなど同じ部位に毎日摩擦が加わることで肌内部では外的環境から守るためにメラニン色素が大量に出て色素沈着の原因になります。

原因女性ホルモンの崩れ・ストレス

女性ホルモンの崩れ・ストレス

ストレスがたまると肌に影響が出やすく女性ホルモンバランスがくずれ、働きが弱くなってくると肌のターンオーバーなども弱まって、シミができやすくなります。

原因たばこ・食事

たばこ・食事

柑橘類やレタスに含まれる「ソラレン」という物質は紫外線を吸収して反応し、皮膚細胞の遺伝子に傷をつけ、さらにメラニンを大量に作らせます。

またタバコに含まれるニコチンやカフェインはシミ回復効果のあるビタミンCを破壊してしまいます。

原因火傷やケガ跡

火傷やケガ跡

火傷や傷跡によるシミは炎症性色素沈着と呼ばれ、痒みにより掻いたりすることが色素沈着となりシミの原因になります。