ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは
Ingredient

ハイドロキノン ハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミの原因である
メラニン色素の合成を阻止する働きのある成分です。

肌の漂白剤とも言われる、強力な作用を持っています。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、天然にも存在する成分で強い還元作用があり写真の現像に使われています。現像していた人の肌が白くなったことから美白作用のあることがわかりました。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあり肌の漂白剤とも言われる強力な作用を持っています。メラニン色素の合成に欠かせないチロシナーゼの働きを強力に抑制し、同時に既にある褐色化したメラニンの色を白色化する還元作用(美白作用)を持つため即効性があります。その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。

大多数のシミは、表皮の一番深い層(基底層)周辺にメラニン色素が沈着しています。この層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。このメラノサイトの活性を抑制し、メラニンの産生を抑制することがハイドロキノンの働きの一つです。また、メラノサイトの中でチロシンという物質からメラニンが作られる過程をブロックすることでメラニン自体を減少させる働きがあります。

純ハイドロキノンと安定化ハイドロキノンの違い

純ハイドロキノンと安定化ハイドロキノンの違い

ハイドロキノンは、その強力な美白効果から空気などにふれると茶色に変色してしまう還元作用があるため、今まではクリニックで医者が処方する形で販売されていました。

その後、2001年の規制緩和により、化粧品への配合が可能になりました。しかし、通常の容器やチューブだと還元作用を起こしてしまうため一般化粧品への配合は難しく多くは販売されませんでした。

近年では開発が進み、一般販売ができるように安定化ハイドロキノンという新しく安定化の高い成分が開発され化粧品への配合が容易になりました。

市販されているハイドロキノンには純ハイドロキノンと安定化ハイドロキノンがあります。安定化ハイドロキノンとは純ハイドロキノンと他成分を複合することにより、純ハイドロキノンの配合率を下げ、処方自体の安定性を保つことを目的としています。成分全体の純ハイドロキノン配合濃度が下がるため、純ハイドロキノンをそのまま配合するより効果は劣ります。

純ハイドロキノン→純度99%ハイドロキノン
安定化ハイドロキノン→純度99%ハイドロキノン+他成分

純ハイドロキノン
純ハイドロキノンとは

海外では広く知られている成分で、ハイドロキノンはアルブチンの100倍の効果があると言われています。

純ハイドロキノン

純ハイドロキノン99%のデルミサ

デルミサ デルミサ

デルミサシリーズはすべて純度99%のハイドロキノンを配合しています。

またスキンフェイドクリームはハイドロキノン原料に30年以上の歴史があるイギリスの製造工場と米国モンタニ社の従来のデータ、モニター資料、商品を元に研究開発され、純ハイドロキノンを2.0%という高濃度配合に成功しました。

米国モンタニ社のデータでは純ハイドロキノンは効果的にも皮膚への刺激的にも2.0%が限度であり、デルミサは安全性と効果が非常に高い配合となっています。