シミの種類

シミの種類
Type of Dark spots

シミにはいくつか種類があり、
原因、形状、出る部位なども異なります。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑はシミの中で最も多い紫外線を浴びてできるシミです。顔面・手背・腕など紫外線にあたるところにでるシミです。紫外線を浴び続けることでメラノサイトが 刺激を受け、メラニン色素をつくりだします。紫外線の害から体を守ろうとして肌の色を黒くします。通常は皮膚のターンオーバーによってメラニン色素が排出され、もとの肌色に戻りますが、皮膚のターンオーバーが滞ることでメラニンが過剰につくられて沈着してしまい老人性色素斑となります。

肝斑(かんぱん)

肝斑の原因はホルモンのバランスが関与しているといわれています。肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。

太田母斑(おおたぼはん)

太田母斑は、目のまわりを中心に、頬、額や鼻に生じる褐青色から灰青色調の母斑(あざ)です。生まれた時にすでに生じている場合と幼児期や思春期に生じて次第に広がっていく場合があります。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑は、皮膚にできる色素斑です。文字通りスズメの卵の模様に色や形が似ていることから名付けられました。一般的にはそばかすと言います。

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

脂漏性角化症とは老人性疣贅とも言われるもので原因は紫外線の影響や皮膚の老化です。高齢者の顔などに多く見られる少し盛り上がった茶色~黒色の表面が少しざらついて凸のあるものです。シミと混じって存在することが多く、最初はシミだったものが盛り上がって脂漏性角化症となることもあります。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

花弁状色素斑は主に、強烈な紫外線を浴びた後に背中から肩などに発症するシミです。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

にきびの跡、虫刺され、湿疹、掻き傷など炎症が起こった後にできるシミなどは色素沈着と呼ばれます。